ステップワゴンとヴォクシー(ノア、エスクァイア)を徹底比較!ファミリーカーとしておすすめは?

車の買い替え
スポンサーリンク

ここではトヨタのヴォクシー(ノア、エスクァイア)と、ホンダのステップワゴンのファミリーカーとしての特徴比較しています。

実際にそれぞれ試乗してみて、個人的に良かった、悪かったなどを正直に紹介していくので、これからこの2つの車種のどちらを買おうか迷ってる方の参考になればと思います。

ファミリーカーとしての比較項目

ガソリン車かハイブリッド車か?

ヴォクシーもステップワゴンも、ガソリン車とハイブリッド車の価格差は大体50万程度。

どちらも燃費の良さで価格差をペイするのは非常に難しいと思います。

ステップワゴン ハイブリッド

ステップワゴン ハイブリッド

乗り心地や走り心地に関しては、ハイブリッド車の方が良いというのが一般的ですが、ステップワゴンに関してはダウンサイジングターボがついているので、街乗りなどでの信号待ちからのスタートなどは個人的にハイブリッド車よりもガソリン車のほうが走りは良い感じがしました。

ただし、全体的なパワーとしてはやっぱりハイブリッド車の方が大きいので、高速道路など長い距離を走ったりアップダウンの激しいところ走ったりする場合には、ハイブリッド車の方が乗り心地も走り心地もいのかもしれません

ヴォクシー ハイブリッド

ヴォクシー ハイブリッド

ヴォクシーに関しては、足回りや走りの快適性など、価格差があるだけの快適性はあると思います。なのえ、そのあたりと価格差をどう考えるかですね。

コスパ重視ならガソリン車で十分だと思いますし、どうせ長い間走るなら良いものを選びたい、という場合にはハイブリッドを選ぶといいでしょう。

7人乗りか?8人乗りか?

ヴォクシーもステップワゴンも7人乗りと8人乗りが用意されています。

7人乗りと8人乗りの大きな違いとしては、2列目のシートがキャプテンシートになって分かれているのが7人乗りで、2列目シートがベンチシートになっているのが8人乗り。

使い勝手としては、2列目から3列目にウォークスルーできたり熱を倒さなくても覚めて二度寝したりと、7人乗りの方が断然いいです。チャイルドシートを設置する場合でも、2列目に設置すると使い勝手が非常に悪くなってしまいます。

どうしてもという場合を除いては、ヴォクシーもステップワゴンも7人乗りがお勧めです。

王道ファミリーカーMクラスミニバンのおすすめは7人乗り?8人乗り?
ファミリーカーとして利用されることの多いミニバンは7人乗りから8人乗りが支流です。 うちのセダンが5人乗りなので、セカンドシートにチャイルドシートを2つ置くことを考えるとやはりうちも7人乗りから8人乗りの車が必須でした。 そ...

車体の大きさ、室内の広さ

車体の大きさ

長さ(mm) 幅(mm) 高さ(mm)
ヴォクシー/ノア/エスクァイア 4695 1695 1825
ステップワゴン 4690 1695 1840

車体の大きさに関してはこんな感じになってます。
どちらも大きさに特別違いはありません。
強いて言えば、車体の長さがヴォクシーよりもステップワゴンのほうが若干長いとこですかね。

室内の広さ

長さ(mm) 幅(mm) 高さ(mm)
ヴォクシー/ノア/エスクァイア 2930 1540 1400
ステップワゴン 3220 1500 1425

続いて室内の寸法はこんな感じ。
室内の寸法が大きいからといって、必ずしも室内空間の広さと言えるかどうかは微妙とこですが、一応客観的な数字なので比較しやすいですね。
これを見ると、ヴォクシーよりもステップワゴンのほうが室内の長さが長いことが判ります。
幅や高さに関しては若干の違いはありますが、ほぼほぼ一緒。

総じて、若干ステップワゴンのほうが車体も大きく、社内もゆったりしている感じは受けますが、数字を見る限りほとんど変わりはありません。

デザイン性、ボディカラー

デザイン性やボディカラーなど外観の部分にはそれぞれ好みがあると思いますが、見た目のいかつさやスタイリッシュさに関してはヴォクシーの方に分がありますね。

ステップワゴンの方はヴォクシーと比べるとデザインは少しおとなしめなのかなという感じです。

ステップワゴン スパーダ

ステップワゴン スパーダ

ただし、ステップワゴンでも特別仕様車のスパーダのほうはフロントマスクの少しスタイリッシュになっていたりします。
ヴォクシーのほうは煌(きらめき)という特別仕様車があり、こちらも至る所に銀メッキが施されていたりとゴージャスな外観になってます。

ヴォクシー 特別仕様車 煌

ヴォクシー 特別仕様車 煌

また、それぞれ通常グレードではオプションになる装備も標準装備となったり、それらが必要な方にはお得なモデルです。

人気のカラーとしては、それぞれオーソドックスな白と黒となっているみたいです。

特別他のカラーにこだわりがないなら、売却する時の出口戦略(リセールバリュー)も含めて白か黒のどちらかから選ぶのが妥当です。

購入価格と値引き額、売却価格

購入価格に関しては、車両本体価格だけで比べてみるとガソリン車でどちらも290万前後とほぼ一緒ハイブリットだとそれぞれおよそ50万位高くなります

値引き額に関しては、それそれ販売店によっても違ってくると思いますがモデルチェンジをして時間も経っているので、それほど渋くはならないと思います。

ただし、ホンダに関しては利幅が薄くなかなか値引きができないという事情があるようなので、値引きに関してはトヨタの方が分があるかもしれません。(ディーラー情報)

最終的な売却価格に関しては、もらった見積書に書いてある残価設定型の最終回支払いの欄を見て資産価値が落ちやすいのか、落ちにくいのかを比較してみてみます。

ヴォクシー煌(きらめき) ステップワゴンスパーダ

比較してみると、それぞれ特別仕様車の煌(きらめき)とスパーダの比較で煌(きらめき)が106万円、スパーダが111万円とスパーダの方に分がありました。

ヴォクシーに関しては非常に人気のある車種ですが、自動ブレーキなどの安全装備がついたホンダセンシングが標準装備でついている点などがステップワゴンの価値が下がりにくいのと関係しているのかもしれません。

⇒ミニバンの下取り・値引きで損しない方法|交渉のもっていき方や注意点まで。

3列目シートの快適性、収納性

ヴォクシー三列目シート

ヴォクシー三列目シート

3列目シートに関しては、どちらも大人がのには十分な浩郷快適性がありますが、シートの感触の個人的な意見としてはどちらかというとヴォクシーの方がしっかりしているかなという印象です。

ただ、3列目シートを使わない場合の収納性に関してはステップワゴンが上

ステップワゴンの3列目シート床下収納

ステップワゴンの3列目シート床下収納

ヴォクシーは左右にはね上げ式となってますが、ステップワゴンは床下収納になっていてシートを使わない場合にもすっきりと収納できます。

また、単純に横にはね上げて床下収納使うよりも、座席を床下に収納してしまう方が広々と荷室を使えるようになります。

こういった点から言っても、3列目シートはステップワゴンのほうがおすすめですね。

荷室の大きさ、バックドア開け方

前に紹介した室内の広さでは、室内の長さがステップワゴンのほうが若干長いため、その分室内が少し広めになってるという可能性はあります。(ただ、両方比べてみた感想としてはあまり大差なかったかなという感じです。)

ただし、先ほど紹介した3列目シートを床下に収納できるので、3列目シートをたたんだ場合にはステップワゴンのほうが広々と荷室を利用できるのは確かです。

ヴォクシーのバックドアの開け方

ヴォクシーのバックドアの開け方

また、バックドアの明け方に関してもヴォクシーのほうはオーソドックスに下から上にがばっと開けるタイプ。対して、ステップワゴンは観音開きのようにコンパクトに横開きにできるので後ろが狭い場合なのは便利ですし、ベビーカーや自転車などをそのまま入れることのできる点もいいですね。

ステップワゴン バックドアの観音開き

ステップワゴン バックドアの観音開き

スライドドア

スライドドアに関してはどちらもワンタッチで分けられるパワースライドドアになっています。(ただし、ヴォクシーの場合にはグレードによっては片方だけしか標準装備されておらず、両方付けるにはオプションでつけなければいけない場合があります。)

また、ステップワゴンに関してはオプションでハンズフリースライドドアもつけることができます。(ハンズフリースライドドアに関しては、セレナの記事で紹介しましたね。)

ハンズフリースライドドアのオプション価格も3万円前後となっているので、必要な方には重宝するでしょう。ヴォクシーにはハンズフリースライドドアのオプションはありません。

安全性能・走行サポート性能

安全性のや走向サポートするのですが、ホンダのステップワゴンは対物対人の自動ブレーキや車線のはみだしをハンドルで調整したり、車間距離を自動で調整してくれたりするホンダセンシングが標準装備となっています。

対して、ヴォクシーは自動ブレーキは対物のものしかついていなかったり安全性能や走行サポート性能に関しては完全にステップワゴンの方に分があります。

また、ガソリン車に関してですがホンダのステップワゴンは1,500ccのダウンサイジングターボが付いていて、街乗りレベルでの発射時の軽さは非常に気持ち良かったです。

まとめ

セレナとの比較の時もいましたが、トヨタのヴォクシー/ノア/エスクァイアの3兄弟に関してはトヨタブランドやデザイン性の良さから人気は非常にありますし、実際に一番売れてるへのクラスミニバンである事には変わりありません。

機能面もよく言えば、ごちゃごちゃとような機能が付いておらずシンプルでわかりやすい作りとなっているともいえます。

ただし、安全性能や子育て世代の利便性を考えると、現時点では圧倒的にステップワゴンのほうがオススメかなと思いますね。

0

コメント