【車中泊やサーフィンも】20代子育てママがウェイク【軽】を徹底評価!

車の買い替え

はじめまして。YUUと申します。
20代前半の看護師で、現在育児休暇中です。
0歳児の娘と、夫の3人家族です。

車は2台所有しており、WAKEは通勤・買い物・家族で休日にお出掛けするときに主に使用しています。
もう一台はSWIFTを所有しており、こちらは主に主人が通勤用に使用しています。

なぜ軽自動車を選んだのか

ファミリーカーと言えば、ミニバンやSUVが定番だというイメージがあると思います。
もちろんWAKEを購入する前にはどちらも視野に入れたのですが、
ミニバンにしてもSUVにしても女性の私が運転するのには大きく感じたことや、
あまり運転が得意ではない私にとって乗りこなせるのか不安が大きかったことなどから、候補から外れていきました。

結婚前に主人が乗っていたレクサスをぶつけてしまった経緯や、
私の友人がファミリーカーとしてエクストレイルを購入したのですが、
軽自動車と違い小回りがきかず直ぐにぶつけてしまったという話を聞いたこともあり、

やはり小回りが利き、少し移動するときにも車を出しやすい軽自動車を購入する方向となりました。

また遠出するときには実家にヴェルファイヤがあるため、
それを貸してくれると言っていたことも後押しとなりました。

ウェイクと比較した車種(タント、ジムニー、ハスラー)

ウェイクを購入する前には、タントやジムニー、ハスラーなど様々な候補がありましたが、
最終的にはウェイクとタントで悩みました。

ウェイクとタントは値段や室内の広さは差ほど大差はなく、
どちらも軽自動車の中では大分広い車種になります。

ウェイク タント
全長 3,395mm 3395mm
全幅 1,475mm 1475mm
全高 1,835mm 1750mm
室内長 2215mm 2200mm
室内長 1345mm 1350mm
室内高 1455mm 1365mm

しかしタントと比べてもウェイクは室内の高さが1835mmもあり、
頭上がとても高いのでチャイルドシートに子供を座らせたりするときに凄く楽だろうな
と、
子供のことを考えたときにタントよりもウェイクの方がいいなと感じました。

私たちはアウトドアに行くことも多く車中泊をすることもあったので、
座席がフルフラットになるところもとっても魅力に感じました!

また、主人がサーフィンをするので、
サーフボードを楽々つめるというところもポイントとなりウェイクを購入することとなりました。

ウェイクの良かった点

  • 車高が軽自動車の中でもトップクラスに高く子供をチャイルドシートに乗せやすい
  • 座席をフルフラットにでき、車中泊にもぴったり
  • サーフボードがらくらくつめる荷室の広さ

ダイハツウェイクの新車見積もり価格と実際の(値引き後)購入内容内訳

本体価格は160万程度で、UVガラスのオプションやルームライトをLEDに変更したりと、
様々なオプションを付けると最終180万程度となりました。

下取りありでウェイクの新車値引きはどれくらい?

実家にお願いして使用していなかったアルトをいただき、
それを下取りに出したのと値切り交渉をすることで、
オプションを付ける前の160万円となり平成28年 WAKE(L SAⅡ)のブラックを購入しました。

つまり、下取り込みで20万円の値引きをしてもらったということです。
ローンは組まず、以前より貯金していたため現金で支払いは済ませました。

実際にウェイクに乗ってみての評価と感想

実際にウェイクに乗ってみると分かってはいましたが、
車高が高くフロントガラスも大きいので視界がよく本当に運転しやすいです。
小回りも安定にききますし、バックモニターも見やすいので駐車するのも楽々です。

ウェイクの実際の燃費はどれくらい?

カタログに記載されていた燃費は25㎞/lでしたが、
実際の燃費は16~18km/lくらいで、燃費はまぁまぁという感じでしょうか。
車高の高い車は風の強い日などに横風に煽られることがあり、
軽くハンドルを取られこともあるとの口コミをみていましたが、
私は気にならず風の強い日に運転しても怖いと感じたことはないですね。
高速道路も全然大丈夫ですよ!

子育てママに便利なポイント4選

ママに便利・嬉しいポイントを紹介したいと思います。

後部座席の左右独立式のスライド機能

後部座席に左右独立式のスライド機能があるため、
チャイルドシートの乗っている後部座席を前に近づけることで、
信号待ちの際などには娘のお世話がしやすい
ところ。

キーフリーシステム

キーフリーシステムとは、電子カードキーを持っていれば、
鍵を取り出すことなくドアの施錠・解錠、エンジンの始動・停止、スライドドアの開閉ができるシステムのこと。

娘を抱っこして、買い物袋を下げると鞄の中から鍵を探すのはもう至難の業!

買い物から帰ってきて、そのままピッと押せばドアが勝手に開くという快感・・・なんて便利なんでしょう笑

キーフリーシステムはなくてはならないですね。
後部座席のドアはスライドドアになっているので、
ドアの開け閉めをいちいち手でしなくて済むので、買い物の時は本当に楽です。

先行車発信のお知らせ機能

先行者発信のお知らせ機能とは、先行車に続いて停車中に、
先行車が発進しても自車が発進しない場合に知らせてくれる機能です。

恥ずかしながら、以前は信号待ちの際に後部座席にいる娘の状態を確認しようと目を離したスキに前の車が発進していた・・・
そしてクラクションを鳴らされることも今までは時々ありました。

しかし、この機能があると「ピピっ」と音が鳴ってお知らせしてくれるので、
今では後ろの方に迷惑をかけずに済んでいます。

収納スペース

購入時にはあまり意識していなかったのですが、
ウェイクは運転席まわりの収納スペースが多いので、今ではすごく助かっています。

子供がいると少しお出掛けするだけでも荷物の量が多く、
「あれどこ行った?」と探すことがチラホラ。

なのでお出掛けの際には、使用する頻度が高いウェットティッシュや授乳ケープなど小物は運転席まわりの収納スペースにいれています。
また自分の携帯を置いておくのに丁度いいスペースもありとっても重宝しています。

まとめ

ファミリーカーに軽自動車?と思われる方も多くいらっしゃるかも知れませんが、
私達は軽自動車で間に合っていますし、不便と感じたこともありません。

今どきの軽自動車は車内が広いものも多く、
ウェイクは特に後部座席が広いので子供を乗せるときも全然苦痛にならないです。

主人のSWIFTに乗せるときのほうが大変です・・・!
また、子供ができると今後お金もたくさん必要になってくるので貯金もしたいですし、
軽自動車にして節約できていると思います。

普通車に比べて、軽自動車が車体価格がお手頃な上、税金やガソリン代、オイル交換費用も安く済んでいるので家計も助かっています。

コメント

  1. […] また、軽自動車でも不動の人気のN-BOXやタント、ジムニー、ハスラー、ダイハツウェイクなども使い勝手、コスト面でも魅力でもありました。 […]