子育てパパ・ママの浅はかな猿知恵、思いつきで即行動

暮らしのサルヂエ|役に立つかは分からない

ミニバン

2019年:新型セレナのファミリーカーとしての実力は?人気NO.1も評価は人によって分かれる。

価格帯 ナンバー 乗車人数
300万円台~
5or3ナンバー※1
7人~8人
燃費
排気量
3列目シート
16.6km/L
1997cc
跳ね上げ式
2列目ドア
バックドア
自動ブレーキ
ハンズフリースライドドア(オプション)
上半分開き可能
人、物
自動運転
値引き額
下取り価格
有り(オプション)
25万円程度~

※1 特別仕様車のハイウェイスターは3ナンバー。

燃費と車両価格の兼ね合い

セレナはヴォクシーやステップワゴンと違い、ガソリン車とハイブリッド車という選択肢ではなくS-ハイブリッドとe-powerの2つから選ぶことになります。

S-ハイブリッドに関しては、エンジンやモーターの動力にほんの少し補助を行うというもので、一般的なハイブリットとは違います。
ハイブリットという名前は付いていますが、限りなくガソリン車に近いものと考えておいたほうが分かりやすいと思います。

対してe-powerの方は、ガソリンを使って発電しその発電した電気を使って車動かすといったシステムで、ガソリンで動く電気自動車といったほうがイメージはつきやすいです。

走行した感じは電気自動車とほぼ同じなので、運転も軽くやりやすかったです。
燃費はS-ハイブリッドで17.2キロ/L、e-powerで26.2キロ/L(ともにカタログ値)なのに対して、価格差は50万円程度あるので燃費だけでこの金額を回収するのはかなり難しいです。

ただし、e-powerの走行の快適さもあるため、純粋に燃費だけでなくこの辺も天秤にかけるとe-powerを選ぶのもあり。

収納や車内の広さ

ライバル車のヴォクシーやステップワゴンになくて、セレナだけにあるシートアレンジのポイントとして、ウォークスルー可能な8人乗りシートというところがあります。

普通、8人の西江とは2列目がベンチシートになっているので2列目から3列目への移動がいちど車降りないとできなくなっていますが、セレナに関しては2列目が独立したキャプテンシート、かつ八人乗りの場合には運転席横のシートが下がることによって、ベンチシートが出来上がります。

こういった作りにするることによって、シートアレンジのバリエーションが狭まりません。

運転席もこういった感じで相だが開いていて、車を降りずに助手席から運転席、運転席から助手席へと移動が可能です。

荷物の収納力に関して言えば、ヴォクシーやステップワゴンと比べると実は長さが20センチほど短くなっており、その分荷物を詰めるスペースは少なくなっています。

また、3列目シートはヴォクシーと同じくはね上げ方式なのですが、これはステップワゴンとヴォクシーと比べてみても、収納したり出すときにもかっこう力と手間がいります

シートアレンジに関しても、2列目と3列目が完全にフラットになり車内で仮眠をとったり、ちょっとした車中泊もできたりします。
これだったら、赤ちゃんのオムツ替えなんかもラクラクですね。

子供や荷物の乗せやすさ、降ろしやすさ

セレナと言えばなんといっても、ハンズフリースライドドアが標準装備でついていること。(グレードによっては片面のみで両面はオプションになる場合があります。)

これは、寝ている赤ちゃんを抱っこしているときには本当に助かる部分です。
ホンダのステップワゴンにもハンズフリースライドドアをつけることができますが、これは完全にオプションとなります。

また、バックドアの開け方も特徴的。
一般的な家庭面全体ががばっとあく開け方ができるのと同時に、ドアの上半分だけを開けることも可能です。
この開け方の利点としては、後ろに壁が迫っているときに開けやすいことと、逆に出すときに荷物がぎゅうぎゅう煮詰まってる状態でも上からひょいひょいと物取り出すことができます。

全面を開けてしまうと、ザーザーと雪崩のようにでてきてしまうともあるので、特に荷物が多い小さいお子さんのいる家族にとっては非常に便利だと思います。

安全性能と運転しやすさ

安全性能では対物と対人の自動ブレーキがついていますし、前の車に乗せて速度の減速や加速、また車線をカメラで読み取って自動修正してくれるプロパイロット機能をオプションでつけることができます。

また、駐車時に自動でハンドルを補正してくれる自動調整機能などもつけることができ、こういった先進技術や安全性のではヴォクシーやステップワゴンと比べて1つ抜けていると思います。

総合評価とまとめ

セレナは先進技術や、小さい赤ちゃんがいる家族にとっては本当に助かる機能が多くついています。
こういったファミリー向けの機能としてはヴォクシーやステップワゴンと比べても秀でている点だと思いますね。

また、1列目から3列目にUSB端子がついているのもけっこう良いですね。シートにテーブルもついているので、子供の飲み物やちょっとした軽食を置けるのも便利。

ただ逆に、色んな機能がごちゃごちゃしていてあまり好きじゃない・・・という方もいるかもしれません。

また走り関しても、実質のガソリン車であるS-ハイブリッドミニバン特有の重さがあり、ターボのついてるホンダのステップワゴンと比べると物足りなさも感じるかも

ただし、小さい子供が2人以上いるファミリーカーというくくりで言うと機能的には申し分ないのではないでしょうか。

0

家計に優しいファミリーカー乗り換えノウハウ

①ディーラーや車販売店巡り
⇒予算や用途と相談しながら、新車か中古車か、購入する車種やグレード、オプションを絞っていきます。

同スペックの車種をネットで楽々比較
↓↓↓

②ディーラーで下取り金額と値引きをチェック
⇒ディーラーでは今乗っている車の下取り金額と、購入する車の値引きの具体的な金額を聞いておきましょう

③今乗っている車の買取相場を知る
⇒ガリバーなどに直接行くのもいいけど、複数の業者から一括見積が取れる一括査定が便利。
恐怖の電話殺到が怖くても、リクルートのカーセンサーなら備考欄に「メールで対応のみ」の記載で回避できます。

後はディーラー、車屋の下取り金額と、一括査定の見積もりで高かった方に出せばOK
※一括査定申し込んでも、必ず売らなければいけない、とういことではないので大丈夫。

-ミニバン

Copyright© 暮らしのサルヂエ|役に立つかは分からない , 2020 All Rights Reserved.