ファミリーカー購入(買い替え時)の車のローン

マイカーローンのメリットデメリット|ディーラー系と銀行系、それぞれの特徴と比較。

残価設定型でローンを組む場合には、販売店が提携しているローン会社を選ぶ必要がありますが、マイカーローンで購入する場合には、販売店が用意したローン以外でもokです。
その他のマイカーローンで言うと、銀行や損保などのマイカーローンがあります。

ディーラーなどの販売店が提携しているローン外車を使うメリットとしては、審査に通りやすいということ。対して、銀行や損保のマイカーローンは金利は低いのですが審査に通りにくいという部分があります。

残価設定型のローンと比べてのデメリットとしては、頭金を除いた車両価格のすべてをローンで組むので月々返済する金額が残価型と比べて大きくなること。(※あくまでも月々の返済金額であって、残価型で最後返却をないのであればマイカーローンのほうがトータルの返済金額は安くなります。)

また、同じ販売店でも残価設定型ローンと比べてマイカーローンは金利を高めに設定されている場合もあります。

マイカーローンとよってもディーラーが提携しているローンと、銀行や損保で申し込みをできる銀行、損保系マイカーローンの2つがあります。

厳密に言うと、残価設定型ローンもマイカーローンの一部ではあるのですが、残価設定型ローンのの説明は別で詳しくしているので、そちらを参考にして下さい。

参考:残価設定型ローン(残クレ)とは?落とし穴とディーラーの思惑

ここでは、ディーラーローンと銀行系ローンのそれぞれの違いや、メリットデメリットなどについて紹介していきます。


ディーラーへ下取りに出す前に一括査定はもう受けられましたか?
一般的な新車の値引きは下取りがあったからといってそれほど変わりません。
なぜなら、ディーラーは新車が売れたらいいからです。
それなら、下取りよりも高い価格がつきやすい中古車業者の査定も受けておくのがおすすめ。
査定を受けたからといって、売る必要はありません。
あくまでも値段を比較して、条件の良い方に売却しましょう。
値引きの交渉材料にもできるかも。

>>【完全無料・全国対応】45秒でできる中古車一括査定スタート<<

ディーラーローンのメリット・デメリット

ディーラーローンは購入した車を担保にローンを組むので、ローンの審査に通りやすいというメリットがあります。

反対にデメリットとしては、銀行系ローンと比べるとかなり金利は高くなり、私が調査した日産、ホンダ、トヨタ系のディーラーだと5.5%~6%くらいが多かったです。(ただし、ホンダの場合はディーラーローンも残クレと同じ3.5%で設定していました。)

ディーラーローンの金利の高い理由としては、ローン会社からディーラーへ支払われるキャッシュバック分も含まれているからです。

銀行系ローンのメリット・デメリット

銀行系ローンのメリットはディーラーローンに比べて、金利が非常に安いということ。

反対にデメリットとしては、ディーラーローンと比べて比較的審査が厳しく、ローンが通りにくいというところです。

これは、ディーラーローンが購入した車を担保にするのに対し、銀行系ローンはそれがないので、手持ち資産をチェックされたり、前年度の年収や仕事の勤続年数などの審査があったりします。

また、そういった審査や手続きに時間がかかるという部分もあります。

残価設定型ローン(残クレ)との比較

マイカーローンのメリット

参加設定が頼んと比べてマイカーローンのメリットといえば、支払いが進むにつれて元本が着実に減って行くので時間が経つにつれ、金利手数料が安くなるというメリットがあります。

また、残価設定型のように数年後に残債を一括で返済したり、車を返却したりといった心配をする必要はありません。

マイカーローンのデメリット

反対に残価設定型ローンと比べてマイカーローンのデメリットと言えば、月々の支払い金額がどうしても大きくなってしまうというところ。

車を購入したり乗り換えるときに、残価設定型のような気軽さ手軽さはありません。

また、金利も残価型の場合は優遇しているディーラーも多く、通常ローンでは5%~6%の販売店が多かったのに対し、残価型では平均して3.5%くらいでした。

マイカーローンの賢い選び方

複数の銀行系ローンに仮審査を申し込んでみる

まずは、複数の銀行系のマイカーローンに仮審査を申し込んでみるのが第一ステップ。

仮審査というのは、まずローンの審査に通るかどうか、実際の金利はいくらになるのかを判断するために行います。

銀行系のローンは、基本的に下限何%~上限何%と金利の幅が決まっており、その範囲内で金利が決まってきます。

仮審査は本規約ではないので、その後にキャンセルすることもできます。金利が安いと思った複数のローンで仮審査申込、金利が出揃ったところで比較をするというのが賢い方法です。

銀行系ローンは上限金利を比較する

ここで銀行系ローンの金利を比較する場合に注意したいのが、金利の上限値に注目すること。

いくら下限値が低くても、結局上限値が高く金利の幅が広ければ、それだけ君も上がってしまう可能性もあります。

一度チャレンジしてみるのもいいと思いますが、基本的には金利の上限値で比較し、仮審査を申し込む銀行、損保選択したほうがいいと思います。

ディーラーのキャンペーン金利は狙い目

銀行系ローンを利用しないという場合、ディーラーローンを利用することにはなりますが、決算時期などは販促のために金利キャンペーンなどを行っている販売店も多いです。

ちなみに、実際にディーラーの担当者からキャンペーンの話を聞いたことがありますが、いつもなら5%から6%のローン金利が、キャンペーン時は2%を切る場合などもあるみたいです。

ディーラーローンは新車値引きの交渉材料に使える

また、ディーラーローンを利用する場合には実は、録事自体が新車値引きの交渉材料に使える場合があります。

というのも、ディーラーローンの高い金には実際、ローン外車からディーラーへ支払われるキャッシュバック分も含んでいるからなのですが、

ディーラーローンを組む代わりに、このキャッシュバック分を新車値引きに当ててもらうということができる場合があります。

もちろん、一括で購入できる資金がある場合には、ローンの金利よりキャッシュバック分の値引き額が高くないと本末転倒にはなってしまいますが、初めからローンを組んで購入する場合には1つの値引きのオプションにもなることを覚えておきましょう。

 

 

0

-ファミリーカー購入(買い替え時)の車のローン

Copyright© ファミリーカー買い替え完全ガイド , 2019 All Rights Reserved.