コロナ離婚を避けるには夫婦の非言語コミュニケーションがカギ

 

サルヂエパパ
サルヂエパパ

こんにちは!サルヂエパパです。

3歳になる息子ですが、実は4月から幼稚園に行く予定だったんですよね。

まぁ、ご存知の通り、コロナ騒動で4月が全滅、おそらく5月も無理そうだな・・・と今からふんでるんですが・・。

 

 

で、まぁ、大変ですよね。

世の中の主婦の方々は、本当に。

 

特に、この年代ってやっぱりエネルギー有り余ってるし、

基本的に家の中でじっとしてるなんて、

好きなテレビに没頭しているか、寝てるか、くらいなもんです笑

 

うちは幸いにも私が割と家にいることも多いので、

よく公園へ連れ出したりとかもしてるんですけどね。

 

あ、でも最近はテレワークとかリモートワークになったから、

旦那さんとも家にいる家庭も多いのかな?

 

まぁ、でも家でも一応仕事しないといけないから、

あんまり、子供の面倒を見たりってこともできないのかもしれないですね。

 

そうなると、余計に世の中のお母さん方は大変。

子供を見るのはもちろんだし、朝ご飯とかお昼ご飯とか、

旦那さんの分まで作らないといけなくなって、

 

「3食毎日フルで作るのもう無理・・・」

 

ってなってるお母さん方も多いみたいです。

 

うちの場合は私は基本的にお昼は食べないんですけどね。

まぁ、うちの場合は息子が幼稚園に行けなくなった、くらいしか、

あまり状況は変わってなかったりします。

 

でも、旦那がずっと家にいるっていうのも、

かなりストレスだったりするみたいですね、

世の奥様方にとっては。

 

まぁ、でもそりゃそうですよね。

子供の面倒だけでも大変なのに、

 

それに旦那のお昼のご飯も作って、

さらには、家の中で仕事されたりするのは、

本当に奥さんからすると、

鬱陶しい

の何者でもないのかもしれません。

 

コロナ離婚なんて言葉も流行っている通り、

これでかなり夫婦仲が険悪になってる家庭もかなり多いんだと思います。

 

まぁ、うちの場合はその辺はちょっと通りこした感じがあるんですが・・笑

いや、決して別に仲悪いわけじゃないですよ!

 

まぁ、でもそれぞれの夫婦で、やっぱり色々ありますよね。

色々と問題も勃発するかもですが、

それはそれで、お互いに向き合うべきテーマなのかもしれません。

 

逆煮これを、より夫婦としての絆を深める、

良い機会としていければいいですよね。

 

そのためには、言葉だけじゃ無く、

非言語コミュニケーションみたいなものってすごく大事なんじゃないかなって

思ってます。

 

例えば、一緒にただお茶を楽しむ時間を作るとか。

 

うちもね、少し前から一緒に私のいれたコーヒーを、

朝飲むようになってたり、

 

後はうちの奥さんは結構マッサージが好きなので、

時間を見つけてはマッサージをしたり、なんかをしてます。

 

言葉だけだと、どうしてもすれ違いって起こってきますからね。

是非、何か良いな、と思ったことがあれば取り入れてみて下さい!

 

それでは、今日はこの辺で。

0

コメント