カーバッテリーをAmazonで購入後オートバックスで取り付けてもらった!

ネットでバッテリーを購入してオートバックスで取り付けてもらったら激安だった。

 

ここでは、見積もりを取ってもらった各業者の交換バッテリーの規格や料金比較した結果
ネットでバッテリーを購入後、オートバックスで取り付け、交換をしてもらうのが激安ということが判明。

 

私が実際にマイカーの規格に合うバッテリーをネット購入後、
ち込みで取り付けてもらったときの手順と詳細を紹介します。

 

また、どうやって車の規格に合うバッテリーを特定するのか?実際にどこで取付してもらうのか?
についても詳しく書いているので、これから車検を受けるという方やカーバッテリーの交換を考えている方は参考にしてください。

 

【PR】バッテリー交換する前に現状の車の売値は調査済みですか??

 

バッテリー交換を先走ってしてしまのは、実はトータルで考えると損になってしまうことも多いです!
まずは、今の車の最高売却価格を確認して、それからバッテリー交換するとその価格がどれくらい変わるのか?を確認しましょう。
※結局、バッテリー交換をしてもしなくても売値は変わらない=バッテリー交換せずに売ったほうがお得!となることの方が多いのが現状です。。

 

 

 

車検時に提示されたカーバッテリーの各社価格比較

業者名

見積もり書に記載のバッテリー規格・品番

価格(部品代+工賃)

コバック

75Dバッテリー75DSB

14400円

ホリデー車検

バッテリー交換

18000円

車検の速太郎

バッテリー

15000円

カーコンビニ倶楽部

ECW-80D23

28000円

オートバックス

75D23L

18358円(17818円+540円)

イエローハット

55D23LパナGE

16075円(15535円+540円)

日産ディーラー

AXBXL95D23

31104円

これが各業者に見積もりを取ってもらった時のカーバッテリーの規格や料金(部品代金+工賃込み)の比較です。
こうやってみてみると、提案されているバッテリーの規格もバラバラですし、料金もけっこうばらつきがあります。
また、見積書の明細にはただ「バッテリー」としか記載のないところもあるので、これではどのメーカーのどのグレードのバッテリーかも分からないですよね・・。

 

ただ、こうやって見てみるとどのバッテリーにもD23L、またはD23Lという文字列が・・・。
おそらくこれがうちのシルフィのバッテリーの規格なんだと推測できます。

 

自分のマイカーバッテリーの規格の調べ方

 

ただ、まだ車検の見積もりをやっていない、という方や、
これで合ってるのか自信が持てない‥という方は、
車名を入れると自分の車の企画に合ったバッテリーが探せるサイトがあるので、
ここで確認のためにチェックしてみて下さい。

 

>>車名からバッテリー規格を確認する<<

 

愛車のバッテリー規格を確認後、価格コムでバッテリーの最安値を検索

 

で、この情報をもとに価格コムのカーバッテリーページでバッテリーの規格を見ていくとどうやらビンゴ!
このD23Lという規格のバッテリーを探せば良さそうです。

 

価格コムのいいところは、こうやって単純に同じ商品の最安値のショップが見つかるだけでなく、口コミや売れ筋ランキングから大体公平な観点から良いバッテリー、コスパの良いバッテリーが分かるところです。

 

つまり、私のような知識0の超初心者でも、色々な人の口コミを見ていく中でしっかりと抑えるべきポイントなどが分かってきます。

 

あとは、商品購入後のバッテリーの取り付けですが、これはカー用品店での持ち込み取付をしてもらうのがいいです。
持ち込みで取付をしているところは例えばこんなところがあります。⇒部品持ち込みで取付だけしてくれる業者まとめと工賃目安

 

ネットの最安値価格と工賃の合計と再度オートバックスのバッテリー価格を比較すると・・・

 

で、そうやってカーバッテリーを見ていくとD23Lという前の数字がバッテリーの容量の大きさだということが分かります。(※これは実際に販売店の方に聞いて分かったことですが。)

 

とすると、オートバックスを含む業者の車検時の見積もり書では、75や50で14000円〜2万円弱だったのが、価格コムでは80のものが1万円程度で購入できることが分かります
(※ちなみに、最後についているCLとか、C5、C6というのはシリーズの名前で、数字が大きいほど新しいもので、CLはライトという安価型のモデルみたいですが、ここでは説明がややこしくなるのであまり言及しません。)

 


(ちなみにこれが、車検見積もり時のオートバックスの見積書。75台の数字で、17000円もしてます。性能が良いのに、ネットでは半額くらいで買えちゃうんですね・・。)

 

>>>オートバックスの車検の見積もり・料金相場

 

 

ということで、結局価格コムで見つけた、このパナソニックのカオスブルーバッテリーは口コミの評価も高く、よさそうなバッテリーだということが分かりました。

 


ちなみに、100のD23Lの大容量で11470円です。
取付工賃の1000円を加えても、13000円に満たないことを考えるとやっぱり圧倒的にネットで買った方がいいですよね^^;

 

ちなみに、購入前にヤフーのクレジットカードに入会したら5000ポイントもらえたので、それでさらに5000円引きで購入することができました。
楽天は楽天カード、AmazonならAmazon Mastercardクラシックに入会でそれぞれポイントがもらえます。
Amazon以外は年会費無料なので、とりあえず急ぎでないのならカード作成後にポイントで購入するのもありです。

 

ということで、このブルーバッテリーの結局100の大容量のブルーバッテリーを購入し、オートバックスで取り付けてもらうことにしました。

 

オートバックスでの持ち込み取付

 

購入後カーバッテリーが届きました!
良い買い物したな〜と思っていたのですが、1つ誤算だったのは重量がめちゃめちゃ思いこと^^;
車まで運ぶときには台車があれば便利だと思います。

 


でーーん!
やってきました、オートバックス!

 

 

予約なしの飛び込みでも、大体10分くらいの作業時間でやってくれました!

 

 

オートバックスでの実際の持ち込み交換費用と不要バッテリーの引き取り料は?!

 

で、これが実際に交換にかかった工賃です!
なんとジャスト1080円でした(笑)

 

また、外した不要バッテリーですが、

 

「これってどこに捨てるんだろう・・?もしかしたら、一緒に回収してくれないかな〜。でも有料だよね・・?」

 

と思っていたら・・・そのまま無料で不要バッテリーも廃棄もしてくれましたよ〜^^

 

もう一度言いますが、取り外した不要バッテリーはオートバックスでそのまま回収(無料!)してくれますよ〜

 

バッテリーの持ち込み交換にかかった実費と車検業者に任せたときの料金比較

 

で、最後にバッテリーをネット購入して、オートバックスで持ち込み交換してもらったときの実費は、

 

5970円(カード入会特典のヤフーポイント使用)+1080円=7150円でした!

 

ちなみに、車検業者の中で一番安いコバックと比べても半額以下

 

一番高いディーラーに至っては4分の1以下〜という結果になりました・・。

 

ここまで金額が変わってくるので、車検前にはバッテリーは自前(ネットがおすすめです。)で購入後、

自分で交換できない場合は、オートバックスなどで持ち込み取り付けしてもらうのが非常におすすめです。

 

初心者でも安心・車種から選べるので間違えない。

安くて安全なバッテリー通販サイト

 

 

※不要バッテリーも無料で回収してくれます

 

※オートバックスも店舗によっては持ち込みでの取付を受け付けていないところもある可能性があるので、その辺が可能かどうかは事前に最寄りの店舗で確認をお願いします。


関連ページ

部品持ち込みで取付だけしてくれる業者まとめと工賃目安/オートバックス&イエローハット
車検で必要な交換部品をネットで調達し、その取り付けをしてくれる業者の紹介と、その業者別の工賃について紹介しています。オートバックスとイエローハットの部品持ち込みの取付工賃徹底比較です。